葉酸と相性の悪い食べ物

最近わかってショックだったことがあります。
それは葉酸と相性の悪い食べ物を沢山摂取していたことです。
実は葉酸には、一緒に摂取すると、体内吸収を阻害することになる相性が悪い食品というのがあるのです。

 

男性などが妊活で勧められている葉酸の摂取量を守らないのも問題ですが、それ以上に相性の問題も深刻です。
例えば、葉酸と相性が悪い食品の代表としては『キャベツ』や『オレンジ』があります。

 

どっちも大好きな食品でほぼ毎日食べていたので、これはショックでした!
キャベツやオレンジは、葉酸と一緒に食べると体内吸収が阻害されてしまうんで、食べ合わせに気を付けないといけない食品です。

 

妊活中で葉酸の摂取量を守らない男性も効果がなかなか出にくいですが、相性の悪い食品と一緒に葉酸を摂取することも結果がついてこない可能性があるので要注意です。

 

キャベツもオレンジも、一般的によくある食品だから、気を付けないとダメですね。
更にはいんげんやレンズ豆なども相性が悪いようなので、注意が必要です。

 

枝豆なんかは葉酸の含有量が多いのに、豆の種類が違えば、だめになるものなんですね。
豆はどれも体に良い印象がありましたが、葉酸と一緒に摂取する時には、気を付けたいです。