葉酸が妊婦に良い理由とは?

葉酸は妊婦に良い。
そんな話を聞いて、気合を入れて葉酸を買ったけど、後でショックを受けたことがあります!
妊娠初期に葉酸は妊婦が摂取すると良いということだけは知っていたけど、まさか『妊娠4、5週目』だとは思いませんでした!
妊娠発覚したのが10週目なんですから、もう完全に飲むタイミング逃している!
まあ、まだ20代だったし、生活習慣もそれなりに安定していた時期だったので、なんとか無事に生まれてくれればいいなって思いました。
念のために、葉酸は妊婦の間はずっと飲んでいましたけどね。

 

というのも、私は妊娠してから、貧血になりやすくなってしまい、採血の度にクラクラ来ていたんです。
そのため、造血効果がある葉酸が妊婦の貧血予防になるという話を聞いたので、続けてみようと思ったのです。
採血の検査って、妊婦健診ですごく多いので、本当に嫌ですよね~。
注射が嫌いな人にとっては、まさに地獄のような瞬間です。
何回も何回もあるし、ひどい時には2本くらい採血されました。
目の前に大きな注射器が登場するだけで、もう卒倒しそうでした。
それでも注射が上手い看護師さんに当たると、本当にラッキーだなって思いました。
看護師さんによって上手い・下手ってありますよね。

 

葉酸とは食品から取るのはかなり難しい

妊娠中には葉酸が必要になりますが、食品から取るのはかなり大変だと思いました。
例えば、ほうれん草が含む葉酸とは100グラム『210μg』で、妊婦が1日に摂取した方が良い量は『400μg』。
つまり毎日、200グラム以上のほうれん草を食べないといけない計算になってしまいます。
私はほうれん草が好きなので、それでも苦に感じませんが。
やはり野菜嫌いな人もいると思いますので、毎日ほうれん草を200グラムも食べるのはかなり高いハードルだと思います。
しかも、葉酸とは水溶性ビタミンB群なので、加熱にも弱く、水にも溶けだしやすいので、調理方法を選ばないといけないのです!
200グラム食べたからと言って、1日に必要な栄養量をちゃんと摂取できるかどうかは別の話!
そのため、葉酸とはほうれん草などの食品から摂取することは、非常に効率が悪いのです。
厚生労働省でも、葉酸とはサプリメントで摂取するのが好ましいと推奨しているくらいなので、やはり吸収率を重視するのであれば、サプリメントを選ぶ方が賢いです。
その時に注意をしたいのが、サプリメントでもより吸収性が高いと言われているモノグルタミン型を選ぶのが大事です。
是非チェックしてみてください!

 

葉酸サプリの使用期間はいつまでか

妊娠が初めての人にとって、葉酸サプリを使う期間はいつまでか気になりますよね。
答えから言ってしまうと、葉酸サプリを使う期間は、プレママ期・妊娠中・産後のいつ使ってもOKなんですよ!
私は最初、葉酸サプリを使う期間は妊娠初期だけだと思っていました。
でも、周りのママさんに話を聞いたら、「葉酸サプリを飲むと母乳不足で悩まないよ」と言われて、私は産後も飲み続けることにしました。
そのせいか、私は母乳で悩むことはありませんでした。
葉酸には、血液を増やす効果がありますので、貧血や母乳不足にすごく効果があるそうです。
母乳は白いので、血液から出来ていると知っている人は、実は少ないんですよね。
睡眠も水分ちゃんと摂っているのに、母乳が出ない場合は、一度葉酸サプリを試してみるのも一つ手段だと思います。
葉酸サプリを使う期間は妊娠初期だけに限らず、状況に合わせて使ってみる方が良いと思います。
育児書に『妊娠初期まで』と書いてあっても、自分が必要だと思えば、産後だって使っても問題ないのです。
本来サプリメントは、『足りないモノを補う』という目的がありますので、自分が必要だと思えば、その時がサプリメントを飲む時期だと思います。

更新履歴